ベレッタ、M29をターゲットに向かって撃つ

夕方少し時間ができたので、今月買ったエアガンを試射してみることにする。即席の的を作って撃ってみた。この段ボール箱は内側に向かって折り返しがあるので、的を貫通したBB弾が外にこぼれない。(しかし当たりどころが悪いと外にBB弾が跳ね返り、フローリングの床にテン!テン!テーン!と派手な音を立てて転がってゆく。妻に文句を言われるのでは?と心臓に悪いのであった…)

安価なエアガンだが、撃つときには結構な音がする。

バシュッ!
バシュッ!

少し弾道が上にホップするようで、全然真ん中に当たらない。撃ってる時はどこに当たってるかいまいち分からないので、起動修正しながら撃つという感じでもない。少し下を狙ってたつもりだが、着弾は上にまとまってしまう…これは要練習だ。

ベレッタ M29

撃ちやすかったのは左のベレッタであった。M29はトリガーを絞る瞬間に銃本体が動いてしまいコントロールが難しい。僕は本物の銃を撃ったことなどないが、多分本物の44マグナムなんて、素人が撃っても全然当たらないんじゃないだろうか。そもそも反動がすごくて怪我しそうである。ダーティー・ハリーが片手でばんばん撃ってた記憶があるが、あのスタイルで的に当てるのは相当な鍛錬が必要とみた。

両方とも3千円ぐらいのものである。年齢制限は10才以上なので小学生でもOKということがだ、意外と本格的である。僕はこの程度で十分だ。

S&W M29 Go ahead, make my day.

またトイガンを買ってしまった。S&WのM29である。

今回買った東京マルイの M29はベレッタと同じくover10のエアガンである。お値段も相当安く、見るからにプラスチック感溢れる印象なのだが、写真に撮ると意外とガンブルーっぽい光沢が(少しだけ)出てたりする。もちろん金属製のモデルガンには及ばないが。しかし40年前に買ってたプラガンが1万円ぐらいだったことを考えると、3千円ぐらいでこのクオリティだったら絶対安い。

バレルは8.375インチタイプである。実際に持ってみるとやたらと長く感じる。ダーティーハリーは確か銃身が6.5インチだったはず。咄嗟に抜き撃ちするには6インチでも長いんじゃないだろうか。

さて、どうしてM29なのかというと、やはり僕の世代にとって44マグナムは一種のヒーローであり、パワフルなリボルバーの代名詞なのだ。ネットでトイガンを漁っていて、再び握ってみたくなったのである。箱から出して手に取ると、気分はもうハリー・キャラハンである。

別売で真鍮製のカートリッジも購入した。これを装填すると少し重量が増すのだ。しかしそもそも思っていたよりずっと重い。ABS樹脂だからもっと軽いと思ってたが、意外と重量感がある。

残念だったのはシリンダーとフレームのつなぎ部分の剛性が全然ないことだ。素材を考えると仕方ないのだが、シリンダーを出すと自重で少し「しなる」ような感じがする。金属製のモデルガンだとこうはならない。

肝心の命中精度だが、少しホップするので着弾は狙った箇所より上にいく。気のせいかベレッタより威力があるような…

Go ahead, make my day. と呟きながらポーズをとる。