女は女である、そしてフランス映画はフランス映画である

新型コロナウィルス禍で全く映画館にも行けず。2020年の3月はひどい月だ。バンド活動もお休みである。その時間は全てこのWebサイトの立ち上げに使われたので、家で映画を観る時間もあまり取れずだった。

わずかな隙間で観ることができたのが「女は女である」という映画。ゴダールの映画、そして僕が生まれるより前の作品である。僕が劇場で観ることができたゴダール映画は「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」「彼女について私が知っている二、三の事柄」くらい。フランス映画はストーリーというより場面の美しさを観るもの、というのが僕の勝手なフランス映画観である。

主人公はフランスのとあるストリップ・ティーズで踊っているアンジェラという女性。ストリップと言ってもアメリカのポールダンスのようなものではなく、もっと奥ゆかしいというかソフトな感じ。これなら僕も行ってみたいと思うような、雰囲気のある場所である。あんまりいやらしくない。

思い立って「あたし子供が欲しい」となるのだが、この辺りなぜ子供が欲しいのかはあまり語られない。ストーリーは割とどうでも良くって、場面場面の絵の美しさに心が踊る。ストーリーではなく文体で読ませる小説とでも言えば良いのか。

仕事がはねた後、彼女はジャン=ポール・ベルモンドと連れ立って歩く。この辺りの二人のやり取りは、ああフランス映画だわねぇ…という感じ。ちょっと前衛的な雰囲気もあり。アンナ・カリーナのファッションは全編にわたって完璧である。

ジャン=ポール・ベルモンドの少し不良っぽい感じ、身のこなしの柔らかさが印象的であった。この頃二十代後半ぐらい。

アンジェラにはきちんとしたボーイフレンドがいるのだが、子供が欲しいという彼女となかなか気持ちが合わず…しかし最後には子供を作ってみようかとなる。

エンディングはやっぱりフランス映画っぽい。アンジェラがカメラに向かって「私はただの女よ」とウィンクして終わるのであった。誰かが殺されるわけでもなく、カーチェイスがあるわけでもなく、派手な爆発もない。60年代のパリの雰囲気、キュートな登場人物、気の利いたセリフ、それらをのんびりと楽しむ映画である。

TWSBIインク吸入

TWSBIのFにHERBINのインクを入れる。

今日もどっと疲れて帰宅する。部屋に入ってお酒を飲むが、酔っぱらう前に万年筆のインクを入れることにする。日記用のTWSBI(台湾万年筆)である。

このF万年筆はプランジャー方式である。ぎゅっと押し込むとインクが吸入される。TWSBIの万年筆は値段もお手頃で書きやすく、スケルトンなので言うことなしである。

パスポートサイズのトラベラーズに試し書きしてみる。インクフローも良いのであった。

2020/3/16の出来事

ワシントンに短期留学していた息子が帰ってきた。

ウォーホルのマグカップとピンバッチをお土産にもらった。これはとても嬉しいお土産である。しかし僕にとっては無事帰国してくれたことが一番のお土産である。

きらきらとひかるピンバッチを見ながら、本当に心配ばかりの三週間だったと振り返る。息子がアメリカに行った時は、アジア人というだけで差別的な扱いを受けるんじゃないか、そんな心配をしていたのだ。まずは無事に帰ってきてくれてほっとする。

厚岸のウイスキーを飲みながらピンバッチを眺めている。

初ベレッタ・初エアガン

マルイのベレッタM92Fが届いた。

僕は少年時代モデルガンを持っていたのだが、当時の空気銃はかなりおもちゃっぽくて全然興味がもてなかった。SS9000、7000、5000という空気銃のシリーズがあったと覚えている。BB弾ではなく前方後円墳みたいな形の弾だった。

周期的にモデルガンが欲しくなるのだが、本格的な物は結構な値段がする。そこで今回はかなり安い(3,000円ぐらい)のマルイのエアガンを買ってみることにした。息子が安価なエアガンを持っていたが、自分用にエアガンを買うのは初めてである。一応年齢制限はあって、これは10歳以上という制限がついている。

箱から出してみると、まぁ予想していたように軽くて少しおもちゃっぽいのだが、値段を考えると全然問題ない。軽いなりに持った時のバランスは非常に良い。フレームシルバーのモデルガンは、僕が子供の頃はなかったはずである。

グリップ周りの作り込みは雰囲気が出ていると思うのだが、マガジンリリースのボタンが見るからにプラスチックなのが残念である。でもグリップのベレッタロゴが「ああ、やっとベレッタが手に入った」と思わせてくれる。

一発一発スライドを引いて撃つのだが、意外と面倒ではなかった。ブローバックしないのがちょっと残念だが、精度は高いようでる。5、6メートル離れて板段ボールにパシュ!パシュ!と撃ってみる。これが結構当たる。段ボールは貫通しないのだが、そこそこのダメージがあるようで、本当に10禁で良いのかと思ったり。しばらくはこれで遊べそうな感じだ。

周期的に訪れるモデルガン欲しい病。今回は格安ベレッタでなんとかおさまりそうである。

夜の街を走る

雪が溶けてきた。日中煮詰まってたので食事してから近所を走る。やっぱり人が出ていない。今日は終日Macに向かっていた。一体誰が見てくれるかも分からないWebを作る意味はあるのかと思ったり…

今日はここまで

朝からWordpressの設定を行い、なんとかブログを公開することができた。公開しても誰かがみにくるわけじゃないのだが、最低限の形だけは作っておきたかった。

WordPressはまだまだ分からないことばかりである。昔仕事で使った時はもう少し取り回しが楽だったような気がしたのだが…

ブログのデザインはまた後日考えよう。今週はもう時間がないので、来週またサミーのモデルデータを検討する。

先週Blenderでレンダリングしたサミー…やたらとケバただっている。なんか絨毯みたいでもある。いやぁ…本当に道は険しい。今日はもうお酒飲んで寝てしまおう。

メインビジュアルは手描きとなる…

ねずみのサミー reboot

CG環境が揃わないのでメインビジュアルも作りようがない…
せっかくWebを作り始めたのに、過去作しかコンテンツがないのである。

ねずみのサミー 手描き

仕方がないのでサミーを手描きして、Illustratorでトレースした。
いくつか試作してトップページにはめ込んでみる。
いつになったらCGサミーができるのか…

サミーの前にWordPressと格闘する日々

ねずみのサミーをもう一度作ろうと思ってから半月経った。
まずはTwitterアカウントを作り、モデラーとレンダラーを探す。
これがなかなか時間がかかる。

作品を作るためにはサミーやジーンや店長さんや、そしてあの手がかかるナーザビも作らなければならない。

少し時間が必要だが、それまでは過去作をスキャンして再掲することにした。
それにはサミー用のWebサイトが必要である。
Niftyで契約していたホームページサービスは終了しているので、新たにホスティング先を探す。バンド用に取ってあった.comドメインを紐付けてWordpressをインストールする。ここから先が大変であった。

簡単インストールでやってみると投稿ができない。あれこれ調べるがどうもうまくゆかず、一旦アンインストールして手動インストールする。なんとなく動いているっぽいがまだ何かが変だ。当分苦労しそうである…

WordPress インストール完了

やっとインストールが完了した。
WordPressは大昔に仕事で少し触っただけである。


レンタルサーバの簡単インストールを使ったところ、投稿が上手くできなかった。
あれこれネットで調べ得るが解決せず…
一旦アンインストールして手動でインストール。
なんとなく使えるようになった。

しかしプラグインへアクセスできず。
昔の記憶を辿りながら、しばらく使ってみる。