余市の漁港でいろいろ考える

昨日はまた余市の漁港に行ってきた。雪が溶けてから、月2回ぐらいのペースだろうか。世界中で新型コロナが大変なことになっているが、ここに来るとそんな大変なことが起きているような気がしない。

いつもと同じく釣り人が少しいるぐらい。まだまだ寒いが日差しは穏やかである。ぼうっと海を見ていると、外出自粛も密を避けるということも、どこか遠いところのような気になってしまう。

こうしている間、子供たちは首都圏で不便な思いをしている。それなのに親はこんなところでのんびりしていて良いのか?という気もする。東京の大学に通うことを選択したのは彼らだが、こんなことが起きるとは誰も思っていない。僕は色々なことを考えたのだが、心を覆うのは札幌で普通に近い生活を送っていることへの罪悪感である。

こんなことになるならさっさと帰省させれば良かったと後悔している。今となっては二人で協力して、この事態を乗り越えてくれと祈るばかりだ。

余市の埠頭で海を眺める。
映画、猿の惑星のエンディングを思い出した。

余市まで出かける

車で余市まで走る。晴れてはいるが風もあり、海は少し波が出ていた。

波が光る。

風がぼうぼうと音をたてる。

2020/3/21の出来事

千歳空港から高速に乗り、余市方面へ向かう。快晴のドライブ日和だった。

いつも妻が釣りをする埠頭。遠くまで海が見渡せる。

見下ろすとテトラポットに打ち寄せる波。

春まであと一息だろうか。海から吹く風はまだ冷たい。

張碓へ向かいViewCafeというお店で食事して帰宅となった。