最近自宅で観た映画 2022暮〜2023正月あたり

最近観た映画と言っても、家で観たものばかり。

ガンパウダー・ミルクシェイク これは面白かった。ちょっとカサヴェテスのグロリアっぽくもある。
ムーン・ウォーカーズ 設定が好き。ロンとロンというキャスティング。
クリヘムが爽やかなサイコ野郎になっていた。
グラス・オニオン 前作の方が好き…というかアナ・デ・アルマスが良すぎたのか?

2023年 サミー第1作目に取りかかる

2023年になったが、暮れからの忙しさが全然落ちつかず。1月の中旬頃にやっと時間が取れるようになった。僕の住んでいる場所はそれほど雪が降ってないが、札幌もエリアによっては大雪になっているようだ。

という訳で1月は「雪」をテーマにサミーの画像を作成する。Blenderで雪の表現を調べてみたら、雪を積もらせるアドオンがあるようだ。しかし僕のバージョンではそれがインストールされていない。

開発者と思しきサイトからダウンロードを試みるがうまくゆかず。少し行き詰まってしまったが、翌日Githubからダウンロードして、なんとかBlenderにインストールすることができた。確かに上の画像のように、簡単に雪を積もらせることができる。

他にも「砂丘」を作るアドオンも発見、そちらで地形を作ってから雪の質感を当ててみた。確かに雪っぽいが背景が寂しい。そこで先日洞爺湖で撮った写真を板ポリゴンに貼ってみた。要するに書割である。

サミーのモデルデータを立たせてみると、それなりに冬景色っぽくもなる。
しかしこれは…手抜きなんじゃないかという気もする。写真貼り付けたら確かに「らしく」はなるよねぇ…

ここまで作って「冬キャンプにしよう」と構想が固まった。出たとこ勝負で考えるのは昔と全く同じである。キャンプなので、テントのような物が必要だ。ネットで色々調べて円錐形のテントを作ってみた。

テクスチャをつけたところで、この週の日曜日は時間切れとなってしまった。今月はスキーなどの小物を作りたい。

ねずみは寒いのは苦手なのではなかったか?

最近の飲酒

余市で購入したフロム・ザ・バレル
たまには手を抜かないマティーニを作る

手抜きマティーニだけではなく、手抜きネグローニも定番になっている。

夜の射撃訓練

家人がいない時、入浴している時を見計らってトイガンを撃つ。

メインはベレッタとグロックだが、最近ナーフを買ってきた。これはポンプアクションなのである。従って、引き金を絞ったままポンプをコッキングすると連射が可能である。

今までとは違う場所から、少し距離が稼げるようなポジションで撃ってみる。当然命中精度は下がるが、少しコツが掴めてきた。ナーフは全然当たらずである…

11月のプロトタイプを振り返る

11月、なかなか時間が取れず、思ったように仕上げることができず…

テーマは天体観測だったのだが、星空が思ったようにならない。
Blenderで完結させたかったのだが、結局Photoshopに持ち込んでのレタッチとなった。これはFM-WORLDで連載していた時と同じである。

CGソフトで問題解決できずレタッチでポスト処理するという、少し不本意な手法なのであった。この方法の問題はアニメーションを付けることができないことである。

今回は星空、灯台をPhotoshopでレタッチした。あとはサミーの毛なみもファーブラシで描き込んでいる。

年内中にあともう1点、いけるだろうか?

花のお江戸の無責任 22/9/23

自宅鑑賞…久々のクレージーキャッツ

植木等はスーダラ社員ではなく、スーダラ侍といったところか…
東宝映画オールスターズ状態…有島一郎のアチャラカ芸がすごい
草笛さんはハナ肇扮する侠客の親分の妻、姉さんである。
池内淳子さん、こんなに可愛かったのか…僕が物心ついた時はすでに「割烹着のお母さん」というイメージだった

無責任シリーズの時代劇バージョン。とはいえ、サラリーマン社会でのしあがってゆく感じとはまた違い、仇討ちがベースとなっている。この辺りの面白さは原典がよく分かっていないと理解しにくいのかも。

60年代、時代劇も怪獣特撮も大量に制作されていた時期である。セットやエキストラの雰囲気がすごく良い。自分が生まれる前の映画ではあるが、郷愁を感じつつ鑑賞したのであった。

9月25日の外出

厚田方面に出かける…

前日までは雨だったのか、海の色は濁っている。
少し恐いような海の色
浜の方は空の色が青い
道の駅で食事を買って車の中で食べる。

この日はあまり釣れずであった。厚田周辺はあまり食事するところがなく、結局道の駅で買ったピザと押し寿司で遅めの昼食となった。

9月のプロトタイプ 折り返し

アトリエを作ると決めて、9月の折り返しを過ぎてしまった。

まずは板ポリゴンを石壁のような質感に。イーゼルや窓も作る。
お道具箱を作る。
色々なオブジェクトを追加する…

イーゼル、キャンバス、お道具箱、パレット…小物類は自分で作るが、大きな家具はネットから調達する。本当は自分で全部モデリングしなきゃなぁ…といつも思うのであった。

あとはもっと小物を追加して、アトリエっぽく汚れた感じを入れてゆく。汚れはレンダリングしてからのレタッチになるだろうか。

車中泊

余市方面で車中泊する。
キャンピングカーでの寝泊まり経験はあるが、自分の車での車中泊は初めてである。

とりあえず焚火は欠かせない
中秋の名月というのか 風が流れて月が一気に浮かんでくる
目が覚めた瞬間…寒いのである
ご来光を拝む
えぼし岩など…
本日サンドイッチはなし、飲み物を買う
昼食はペルー料理、ボリュミーだった

夕方になる前には帰宅。
キャンプ道具を片付けながら「なんとか無事に帰れたね」と心の中で呟く。次はどこに行こうか。

レミニセンス 22/9/11

Netflixでパッと選んで観始める。
結構好きなタイプの映画だった。

異常気象による海面上昇、戦争…といった近未来なのだが、一気にマッドマックスのような世界観になるわけではない。現在の我々の生活と大きくは変わらず、それでも細かいデティールに凝っている感じ。

SF映画というより、フィルム・ノワールなのだろう。

ヒュー・ジャックマンの記憶追体験屋、レベッカ・ファーガソン演じる謎の女。組織の大物、ケチなチンピラ。

昼の湿った空気と夜のざらついたネオンが素敵だった。